スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”ちまきの教室”以来ですネ・・・・・・

2013.09.29  

 “ちまきの教室…”から久しくお目にかかっていませんがお変わりありませんか?
 “GOGOちゃん”を取り巻く環境が変わりました。
 この間、お隣のゴルフ場のような芝生の上でお猿さんが3匹たわむれていました、もっとも早朝でしたけど・・・お猿さんにお目にかかったのは3回目です。お隣のOさんから猿の出没情報は入っていましたが、こんなにも早く確認ができるなんて想像していませんでした。いつか添付ができる作品が撮れることを期待していてくださいネ…。

DSCF0079+1.jpg
 
 窓辺から望めるもみじが色を付け始めてどれくらい起つのかな…
朝夕温度が一気に下がり、あの猛暑はすっかり忘れてしまいました。寒さに備えて衣服を出さないといけないと思っていたら、一気に、冬服・暖房器具のことも併せて考える季節なのですね。

DSCF0075+1.jpg DSCF0076+1.jpg

DSCF0078+1.jpg DSCF0077+1.jpg

 よっしゃ!! 外に出て見よっと

レシピに追加…

2013.04.23
Mさんの指導で、『中華ちまき』の作り方を教わった。
油は使わないので、サッパリ目で中高年向きかな・・・。
豚肉肩ロースを使うのがポイント・・・。

 「中華ちまき」
<材料>
 もち米1.5k(25~27個)
 にんじん・たけのこ・しいたけ・豚肉(肩ロース)・生姜
 砂糖大匙2・醤油大匙5~6・スープ(水or湯)カップ5
<準備>
 ☆もち米は、洗い一晩水に浸けておく。ザルに上げ水きりする。
20130423 ちまき料理講習 001+11

 ☆豚肉肩ロース、野菜、生姜はそれぞれみじん切りや小口切りにする。
 ☆椎茸の戻し汁
 ☆竹の皮は内側を拭いて、包みやすいように、付根の硬い部分を角度をつけ切る。
<作り方>
 ①中華鍋を熱し、まず豚肉を炒め、みじん切り生姜を入れ炒める、次に野菜をいれ
  さらに炒める。
 ②味付け(砂糖大匙2杯、醤油大匙5~6杯、スープカップ5杯、椎茸だし汁)して
  中火でスープが1/3になるまで煮る。次にもち米を入れ汁が無くなるまでまぜる。
20130423 ちまき料理講習 003+12

 ③竹の皮に包む。
20130423 ちまき料理講習 005+13

 ④すでに沸騰した蒸し器に並べて、強火で30分蒸す。
20130423 ちまき料理講習 006+14

  出来上がり
20130423 ちまき料理講習 008+15

  美味し~~!!

花見!! 近場で河津桜・・

2013/3/9

三浦半島で、伊豆河津に行った気分でした。
金目鯛の煮付けにはあえなかったが、三浦はお魚が美味しい。
つい酒のお代りの手が上がる

20130309 三浦海岸 (1)+1 20130309 三浦海岸 (10)+2
20130309 三浦海岸 (11)+4  20130309 三浦海岸 (14)+3
20130309 三浦海岸 (3)+520130309 三浦海岸 (4)+620130309 三浦海岸 (5)+6
20130309 三浦海岸 (7)+7
       いくつかお皿が運ばれてきたがはお休み・・・  

おしまい

東御苑の帰り道に・・・\(^o^)/

2012/12/2

皇居・東御苑散策後、寒~~い中、Kちゃんを誘い、新しくなった”東京駅”へ
新丸ビル(2階)からのベストショットねらったけど

  20121202 東京駅 010+2
  20121202 東京駅 007+3
  20121202 東京駅 003+4
  20121202 東京駅 004+1
寒くて手が悴み、デジカメを落としそうになりました。

    

過ぎし日の記録・・・

2012/12/2

皇居・東御苑・東京駅に

M文化協会主催野外セミナー「皇居・東御苑を楽しむ」に参加。
寒い日なのに、家族連れ、年齢を問わずカップル、外国人ツアーの一団が、入園されていました。

大手門⇒三の丸尚蔵館⇒同心番所⇒
20121202 皇居東御苑 001 (3)+
百人番所⇒中之門跡⇒中雀門跡⇒
20121202 皇居東御苑 001 (7)+3
松の廊下跡⇒
20121202 皇居東御苑 001 (14)+8
竹林⇒天守台⇒汐見坂⇒
20121202 皇居東御苑 001 (22)+10
白鳥濠⇒平川門⇒二の丸庭園
20121202 皇居東御苑 001 (23)+11
講師の説明で二の丸雑木林の紅葉を楽しみながら散策。(優雅…)つわぶき、山茶花、ムラサキシキブの実、ジュウガツサクラ、茶など。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。